マスターしたい「ワード&エクセル」、最低の最低限テク・就職や転職に関するニュースや就職や転職に関するブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターしたい「ワード&エクセル」、最低の最低限テク


マスターしたい「ワード&エクセル」最低テク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000007-gen-ent

 事務系ならこの程度はできないと。決して威張れるレベルじゃないと思いますが。でもまあ年齢によってはこれでもいい方なのかも知れませんが。

 パソコンを使い、単にメールをやりとりするのは、多くのサラリーマンが“朝メシ前”だろう。文章を書き、決まった用紙に印刷するのもできるはず。では、ワードやエクセルを使いこなすのはどうか? これを使い、具体的に何ができれば堂々と「できます」と威張っていいのか?

●事務系の再就職には必須資格
「求人票の必要な資格の欄に“ワード、エクセル”と記入している会社は多いですよ。とくに事務職は当たり前、って感じ。私も文書を作りメールを送るのはできますが、表やグラフ作りとなるとねぇ。キチンとパソコンを身に付けておけばよかったよ」
 再就職のためにハローワークに通い始めた元サラリーマンのKさん(54歳)は、こう言って小さくため息をついた。パソコンが苦手なKさんは、この条件だけで「数社の応募を諦めた」という。 定年後も働きたい中年サラリーマンにとっては、他人事ではあるまい。いまや事務系の仕事の現場では、年齢を問わず“ワード、エクセルは使いこなせて当たり前”が現実なのだ。

●罫線の中に文字を書く
 その必要最低限のレベルは、どの程度を指すのか。元SEでITジャーナリストの中森勇人氏は「文書作成、名前をつけて保存などの基本操作ができることを前提にした上で」と前置きして次の作業を指摘する。
(1)文書作成で文字の大きさや字体を変えることができる
(2)紙の大きさ、余白調整をした上で印刷をする
(3)ケイ線を入れてその中に文字を入れることができる
「(1)(2)(3)がひとりでできたら、半分合格。ワードの基本はできると言っていいでしょう」

●計算式を作り、足し算や平均を出す
 残り半分はエクセルを使った作業だ。これまた、表の縦・横の幅の調整、行挿入・削除などの基本動作ができる上での話だが……。
(4)数字計算、たとえば計算式を作って列の平均や行の合計、税率をかけた数字が出せる
(5)会議資料などをグラフを入れて作成する
(6)表を途中で切らずにプリントアウトできる
「ここまでできるようになれば完璧! 『ちょっとはできるよ』と他人に自慢してもいいでしょう」(中森氏)
 いきなり全部は無理でも、ひとつずつクリアすることを目指す。多少、時間はかかってもかまわない。K氏の失敗を肝に銘じて、会社にいるうちに確実にモノにしたいものだ。
 ハローワークの初心者向けのパソコン講座は約3カ月勉強する。ワード・エクセルも習得して「自分で履歴書を書くレベルになる」という。
 折しも、ウィンドウズ・ビスタの発売と同時にワード、エクセルが入った「オフィス」も12年ぶりに一新された。一段と使いやすくなったわけだし、チャレンジしてみてはいかが。

http://news.livedoor.com/article/detail/3126140/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。