「2地域居住」者優遇に異議あり、ごみ置き場の掃除もしますか?・就職や転職に関するニュースや就職や転職に関するブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2地域居住」者優遇に異議あり、ごみ置き場の掃除もしますか?


「U・Iターン」で田舎暮らし、政府が本格支援へ研究会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000201-yom-pol

 方向性はとてもよいことだと思いますが、「2地域居住」に対する優遇が主なのが気になります。ここで言う「2地域居住」は要は別荘を持って週末はそこで過ごすというもので、かなりの経済的余裕がなければできることではないはずなのに、経済的に優遇されてるってどういうことですかね。
 しかも週末だけ地方に骨休みに来たって、無責任なだけで何も地域間格差の解消に役立たないでしょう。自治会行事に関わったり、ごみ置き場の掃除とかもしますか?(別にしなくてもいいけど、本当にその地域に根ざしているのかどうかという意味で例えとして)
 むしろ、その地域に移住してこれからやっていこうという「U・Iターン」希望者こそ、地域間格差の解消の主役となりえる存在であり、そのような人たちこそを、積極的に支援すべきではないでしょうか。

 政府は12日、都市に生活の拠点を持ちながら週末だけ地方で暮らす「2地域居住」や、地方に生活拠点を移す「U・Iターン」の支援に本格的に取り組む方針を固めた。

 優遇措置を設けることで団塊世代などの「田舎暮らし」を促し、農業などを通じた生きがい作りを支援するとともに、資産や技能を持つ都市住民の地方移住を進めて地域間格差の解消に役立てるのが狙いだ。

 再チャレンジ担当の山本金融相の下に、有識者と関係府省による研究会を設置し、今夏をめどに基本方針をまとめる。研究会では、〈1〉2地域居住の場合の移動交通費の優遇措置〈2〉二つの自治体で受ける行政サービスに応じた住民税負担のあり方〈3〉関係府省や自治体がインターネットなどで提供している移住情報の一元化――などを検討する。起業支援、観光・金融分野など専門知識を持つ人材の移住促進策も課題となる見通しだ。政府調査では2地域居住を希望する人が2030年に1000万人に達するとの推計もあり、支援策をまとめることにした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。