トヨタ自動車、世界での生産・販売の急速拡大に対応し取締役30人体制に増員・就職や転職に関するニュースや就職や転職に関するブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ自動車、世界での生産・販売の急速拡大に対応し取締役30人体制に増員


トヨタ自動車 取締役30人体制に増員
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000017-fsi-ind

 世界で生産・販売が急速に拡大していることに対応して、とのことですごいですね。勢いがあります。また、トヨタ自動車としては初の外国人取締役が誕生するそうです。

 トヨタ自動車は12日、取締役を現行の25人から30人体制に増員する役員人事を発表した。取締役増員で世界で生産・販売が急速に拡大していることに対応する。北米トヨタ社長のジム・プレス常務役員が専務取締役に昇格し、同社としては初の外国人取締役が誕生することになる。6月の株主総会後に正式決定する。

 副社長人事では、中部国際空港社長に就任予定の稲葉良●副社長が退任し、1人減となっただけで小幅の人事にとどまった。一方で専務取締役はジム・プレス氏を含む9人の常務役員が昇格。3人の専務が退任したため、結果的に取締役が5人増えた。常務役員には11人が昇格。専務に昇格した9人と退任する4人を差し引きすると2人減の47人体制とした。このため取締役と常務役員を合わせた役員の総数は現行から3人増えて77人となった。

●=目へんに見
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。