血液を変える!AとB、AB型をO型に変える酵素を開発、ハーバード大など・就職や転職に関するニュースや就職や転職に関するブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液を変える!AとB、AB型をO型に変える酵素を開発、ハーバード大など


血液をO型に変える酵素、ハーバード大などが開発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000101-yom-soci

 どんな血液型の血液でもO型を変えてしまうとはびっくりです。実用化すれば、輸血用血液の血液型の偏りを解消できる可能性があるとのことで、すばらしいです。科学の進歩はすごいですね。

 AとB、AB型の赤血球をO型の赤血球に変えることのできる酵素を米ハーバード大などの国際研究チームが開発した。

 米国の専門誌ネイチャー・バイオテクノロジー(電子版)に1日発表する。O型の血液は、どの血液型の患者にも輸血できるため、
実用化すれば、輸血用血液の血液型の偏りを解消できる可能性がある。

 赤血球の表面は、毛のような糖鎖で覆われている。その糖鎖の先に結合している糖の種類によって、A、B、AB型に分かれ、何もついていないのがO型。結合している糖の種類が違うと輸血時に拒否反応が起きるため、O型以外の赤血球は輸血対象が限られる。緊急時など患者の血液型が不明な時はO型を使う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。