国産和牛に統一マークで牛肉の輸出拡大と海外でのブランド保護を図る・就職や転職に関するニュースや就職や転職に関するブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国産和牛に統一マークで牛肉の輸出拡大と海外でのブランド保護を図る


国産和牛に統一マーク、デザインを公募へ…農水省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000102-yom-bus_all

 和牛のブランド化、おもしろいですね。日本食の認定というのも以前話題になりましたけど、この方がやりやすいですよね。

 農林水産省は、国産の和牛を輸出する際に「日本ブランド」を示す統一マークを添付する方針を決めた。近くデザインを公募し、2007年度中の実施を目指す。「国産和牛」ブランドを農林水産分野の知的財産と位置づけ、
国内外で保護を強化する。

 黒毛和種などの和牛は日本で開発された品種で、国内の畜産農家は、遺伝子が海外流出しないよう管理に取り組んでいる。しかし、1997~98年に、和牛の生体などが米国とオーストラリアに流出したことがあり、海外では外国産和牛が「WAGYU(わぎゅう)」などの表示で出回っている。

 農水省は、外国産と国産の和牛を識別しやすいよう統一マークを添付して、牛肉の輸出拡大と海外でのブランド保護を図る考えだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。