住民の方々の安全と、一刻も早くの復旧をお祈り致します・就職や転職に関するニュースや就職や転職に関するブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民の方々の安全と、一刻も早くの復旧をお祈り致します


津波危険・海抜0mに一晩避難…輪島市民200人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000301-yom-soci&kz=soci

 夜なども本当に不安なことと思います。行政も手一杯で大変なことと思いますが、大きな二次災害になりかねない状況は避けられるように、何とか正しい情報がうまく伝わればと思います。また、何事もなくて本当によかったですが、これは教訓にして各自治体では、非難の方法などを検討する課題になればと考えます。ともかくも、住民の方々の安全と、一刻も早くの復旧をお祈り致します。

 25日午前に発生した能登半島沖を震源とする地震で、震度6強を記録した石川県輪島市門前町地区の避難場所の1か所が、
海抜0メートルの津波危険地帯にあったことが26日、わかった。

 住民の行動を市がそのまま受け入れ、市災害対策本部発表の避難場所一覧に載せていた。

 市は26日朝になって住民約200人を門前町地区内の小学校に移動させたが、余震が100回以上にわたる中、津波発生の危険と背中合わせで一夜を過ごしたことになる。

 この避難場所は、輪島市門前町鹿磯(かいそ)の鹿磯集会所で、砂浜と道路1本を隔てて立っている木造平屋建ての施設。25日の地震直後、石川県沿岸に津波注意報が出された。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。