[就職や転職のために] ホリエモンの実刑判決を受けてまた政治以外の突付き合い・就職や転職に関するニュースや就職や転職に関するブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[就職や転職のために] ホリエモンの実刑判決を受けてまた政治以外の突付き合い


小泉前首相意味不明コメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000007-gen-ent&kz=ent

 ほんとつまんないことばかり話題にしてつつきあってますね。もっと今の政治で大事な論点での話とかないんですかね。何かといえばスキャンダルって、つまらん三流週刊誌と同じレベルですよ。大体民主党なんて広告塔ばっかりだったり自分のところからだって犯罪者出したりしてるのによく言うよね。

 ホリエモンに下された実刑判決を受けて野党は、「自民党は堀江被告を広告塔に利用して構造改革の寵児と持ち上げた」(民主党・鳩山幹事長)、「ホリエモンは小泉改革という時代の犠牲者。小泉前首相と武部勤自民党前幹事長は頭を丸めろ」(国民新党・亀井代表代行)と語気を強めて、小泉政権から続く構造改革路線を猛批判している。
 ところが、当の小泉前首相(写真)はどこ吹く風。国会内で記者団の取材に応じて判決の感想を問われても「親しき仲にも礼儀あり」なんてチンプンカンプンなコメントでけむに巻き、足早に立ち去ったのだから呆れてしまう。
 また、05年の郵政選挙ではホリエモンを亀井氏に対する“刺客”として送り込み、選挙カーに一緒に乗り込んで「わが弟、わが息子です」と絶叫していた武部前幹事長はというと、「裁判は裁判なので判決の内容にとやかく言うべきではない」と歯切れの悪いコメントに終始。自民党の無責任体質ここに極まれりだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。