[就職や転職のために] 2ちゃんねる管理者が賠償拒否、「この国の変なルール」との発言について思う・就職や転職に関するニュースや就職や転職に関するブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[就職や転職のために] 2ちゃんねる管理者が賠償拒否、「この国の変なルール」との発言について思う


「死刑になるなら払う」2ちゃんねる管理者、賠償拒否
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000301-yom-soci&kz=soci

 「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに基づいて支払うのは、ばかばかしい」それは変なルールではなく、モラルと呼ぶものを行動の規範として成り立っているのではないでしょうか。
 ネット上の掲示板にしても同じではありませんか。強制力や大きな罰則のないルールが存在しているけど、各人のモラルによってそのルールが守られて、秩序が保たれている。罰を受けないなら何をしたっていい訳ではありませんよね。
 このような秩序は国民に一定のモラルがあるので成り立っているのだと思いますが、そのモラルを平然と破る人が増えるようであれば、残念ですが法改正も必要かも知れません。でもその前に皆でもう少しモラルを意識することによって、規制ばかり罰則ばかりの世の中にならないでほしいと思うのですが。

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」への誹謗(ひぼう)中傷の書き込みなどを巡り、名誉棄損訴訟などで相次いで敗訴している管理者・西村博之氏(30)が19日、東京地裁で開かれた民事訴訟に出廷した。

 西村氏は閉廷後、報道陣に対し、過去の訴訟で確定した賠償金などについて、「支払わなければ死刑になるのなら支払うが、支払わなくてもどうということはないので支払わない」などと、支払いの意思がないことを明らかにした。

 西村氏は、これまでに全国で50件以上の訴訟を起こされ、その大半で敗訴が確定。未払いの賠償金や、裁判所の仮処分命令に従わないことに対する制裁金が少なくとも計約5億円に上るとされるが、西村氏が自ら支払いに応じたケースはほとんどない。その理由について、西村氏は「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに基づいて支払うのは、ばかばかしい」と話した。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。