裁判員に選ばれたら有給休暇で、東電・就職や転職に関するニュースや就職や転職に関するブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員に選ばれたら有給休暇で、東電


裁判員に選ばれたら、有給休暇で…東電が制度導入
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000401-yom-soci&kz=soci

 本来当然のことだと思うのですが。でも実際にはこれさえままならない企業もあるでしょうが。

 東京電力は15日、2009年から始まる裁判員制度で、社員が裁判員に選ばれた場合の有給休暇制度を導入することを決めた。

 今春闘で、同社の労働組合が経営側に導入を求めていたもので、同日、労使が合意した。九州電力も同日、既存の公務休暇制度を裁判員にも適用できるように決めた。連合は、「大手企業が導入を決めた意義は大きい。これを機に、取り組みが広がることを期待したい」としている。

 裁判員制度は、裁判員の職務で仕事を休むことを理由に、解雇など不利益な取り扱いをすることを禁じている。ただ、仕事を休んでいる間の給与の取り扱いは各企業の判断に委ねられており、連合は今春闘、有給扱いとする労働協約締結を進める方針を掲げている。
スポンサーサイト
Copyright © 就職や転職のために All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。