「多剤耐性緑膿菌」全国の基幹病院86%で検出・就職や転職に関するニュースや就職や転職に関するブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「多剤耐性緑膿菌」全国の基幹病院86%で検出


「多剤耐性緑膿菌」全国の基幹病院86%で検出
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070315-00000103-yom-soci&kz=soci

 こわいですね。色々難しいとは思いますが、安心して病院へ行けるようにお願いしたいです。

 抗生物質が効かない「多剤耐性緑膿(のう)菌」が2003年から3年半の間に、全国の86%の基幹病院で検出されたことが、厚生労働省研究班(主任研究者=荒川宜親・国立感染症研究所細菌第二部部長)の調査でわかった。

 15日に開かれた厚労省の「院内感染対策中央会議」で公表された。

 研究班は昨年、国立病院機構や大学病院など全国の538の基幹病院にアンケートを行い、339病院から回答を得た。

 その結果、治療に使われる3種類の抗生物質がすべて効かない多剤耐性緑膿菌が検出された病院数は、2003年が236施設、04年が246施設、05年が246施設あった。3年半で多剤耐性緑膿菌が1度でも検出された病院は291施設に上った。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。